ナースコールの介護での活用で求められる機能というと

初期のころの正真正銘のナースコールでは、何か患者に緊急事態が起こったら患者がボタンを押して看護師を呼ぶという呼び出し装置としての利用鹿想定されていませんでした。

それが今では技術の進歩によって、配線に関しては無線を使えば低コストでかなり大規模にナースコール装置を設置できるようになって、しかもセンサーやカメラを付けて現実の仕事にかなり役立つ機能が追加されています。

病院よりもお世話する人の数が小規模な介護施設において、ナースコールでも止められる機能というのは何か異常事態が生じた時でも後からその時の映像が確認できるという機能です。

異常事態への対処経験を映像という形で残して研修材料にすれば、その後のスムースな介護施設の運営に役立つからなのです。