営業代行による企業の恩恵と問題

企業では、ほとんどの場合「営業」をします(業界用語で「外回り」などと言ったりしますね)。ですが、その営業をする人が営業上手でなければ意味がないですよね。しかも、実践経験やトークの上手さが必要な営業は、新人を育てるのも一苦労でしょう。そこで「営業代行」です。早い話、営業が上手い人を必要なときに雇ってしまえば良いんです。営業代行の情報はここで調べてみてはいかがでしょう。景気の不安定の中、使えるかわからない新規採用を育てるより安上がりになるでしょう。正規採用すれば毎月給料を支払わなければならないのですし。中小企業には新しい営業の形になるのではないのでしょうか。しかし、営業代行の利用を進めて、会社内の社員が育たなくなってしまうのは問題です。社員が育たない=会社の「力」がないことです。そもそも、優秀な会社は、企業体制が成り立っています。その企業体制内の肝心な営業部門を外部に頼ってしまっていては、その会社は外付けの力、つまりは会社自体の底力が欠けてしまっていることになるでしょう。営業代行は決して悪いものではありませんが、企業の在り方としては、他の力を使わずその会社の力でこなしていくのが理想なんではないでしょうか。