フィリピンが海外不動産投資先として注目される理由

フィリピンはいま、海外不動産投資先として多くの投資家から注目されています。
不動産投資を考える上で重要なことは、その国が経済成長していること、人口が増加していることの2点があります。
日本国内の事情を考えると、経済成長率2%を目標に掲げていますが、2%達成どころか、2015年はマイナス成長に沈みそうな感じとなっています。
それに対してフィリピンは毎年6%台の成長を続け、今後も続くだろうと予想されています。
また、ここ数年インフラ事業に参加する日本の企業が急激に増えており、2005年と比べると倍に増え、約1200社が様々な形でインフラの整備事業に関わっています。
これも経済成長を考える上で欠かせない要素です。
インフラが整えば整うほど、経済成長の可能性が広がるからです。
また人口の増加傾向に関して、日本は減少に転じていますが、フィリピンは2050年まで人口ボーナス期と呼ばれており、2023年には日本を追い抜き、さらに2050年には人口が約1億5700万人に達すると言われています。
理想的な人口ピラミッド型を形成しており、今後ますます不動産の需要は増えると予想されているのです。
だから、今から先手を打つことで、長期的かつ確実な収益をあげるうえで大切ということですね。
https://philippines.marimo-outbound.com/